HOME>会社情報>沿革
  1950年 7月   資本金300,000円をもってタカヤ電気株式会社を創立  
  1953年 11月   防衛庁(現 防衛省)指定工場となる  
           
  1970年 6月   川越工場を新設  
  1971年 10月   日東製管株式会社と合併し資本金1億5千万円となる  
    10月   ニッカン工業株式会社と商号変更 電子機器事業部として発足  
  1973年 8月   増資により資本金2億円となる  
  1974年 4月   三井造船株式会社(現:株式会社三井E&Sホールディングス)・神鋼電機株式会社(現:シンフォニアテクノロジー株式会社)およびニッカン工業株式会社の3社共同出資により新会社東洋エレクトロニクス株式会社を設立  
    10月   ニッカンビル落成。本社事業所を同ビルに移転  
  1976年 4月   大阪出張所を新設  
    6月   中国出張所を新設  
  1979年 7月   中国出張所を中国事業所と改称  
           
  1983年 7月   事業部制を導入  
  1987年 10月   磁気カードリーダ/ライタ(MCP)を発売  
  1988年 10月   ニッカン工業株式会社と共同出資により株式会社エヌ・ティ・シーを設立  
  1989年 4月   川越工場を川越事業所と改称  
           
  1993年 4月   リライトカードリーダ/ライタ(MCR)を発売  
    12月   耐衝撃型カラー液晶表示器を開発・販売  
  1997年 1月   株式会社トヨニクス舶機製作所を設立  
  1999年 3月   舶用機器事業部ISO9001を認証取得  
           
  2001年 9月   川越事業所に技術センタを竣工  
  2003年 4月   大阪出張所を大阪営業所と改称  
  2005年 9月   艦船用PLCを開発・販売  
  2007年 10月   艦船用操作表示器を開発・販売  
    11月   平成19年度防衛調達基盤整備協会賞受賞  
    12月   艦船用スイッチングハブを開発・販売  
  2008年 4月   大容量半導体スイッチを開発・販売  
    8月   大阪営業所を大弘ビルから千代田ビル西別館に移転  
  2009年 2月   ICリライトカードターミナル(RFS)を発売  
           
  2012年 2月   デジタル信号処理による振動モニタを開発・販売  
  2013年 9月   周波数可変型SiC高周波インバータ装置を開発・販売  
  2014年 10月   標準量産型半導体式継電器を開発・販売  
  2015年 1月   海上自衛隊補給本部感謝状を受贈  
  2017年 4月   非接触給電装置(150W)を発売  
  2018年 1月   自治体向けヘルスケアポイントシステムを発売  
    3月   電池レスビーコンを発売  
           
  2020年 10月   大阪営業所を千代田ビル西別館から神戸ハーバーランドセンタービルへ移転し、関西営業所と改称  
           
           

Copyright (C) 2012 Toyo Electronics Corporation All Rights Reserved.
"TOYONICS"は東洋エレクトロニクス株式会社の登録商標です。