HOME>製品情報>カード関連製品トップ>ターミナル一覧>TCT-217X、TCE-210、TCU-201、TCU-202
  開発負荷を最小限にとどめるため、シリアル通信用とLAN接続用制御ライブラリを用意しています。
このライブラリは、言語をMicrosoft Visual C++6.0 SP5にて開発し、32ビット版Windows DLL形式(*.dll)としてご提供します。 
※WindowsNT4.0/2000/XP対応           ※Microsoft、Windowsは米国マイクロソフトコーポレーションの米国及びその他の国の登録商標です。
制御ライブラリ一覧  (シリアル通信用)
No. ライブラリ名  内 容
1 OpenPort  通信ポートオープン
2 ClosePort  通信ポートクローズ
3 RcSetup  リライトカードR/Wを初期化する
4 RcStatus  リライトカードR/Wの状態を取得する
5 RcRead  リライトカードを前方より取り込む
6 RcFeed  リライトカードをホッパより取り込む
7 Rcwrite  リライトカードに磁気を書き込む
8 RcEject  リライトカードに文字を印字する
9 RcEject  リライトカードを排出する
10 RcCleaning  リライトカードR/Wを清掃する
11 RcSetGaili  リライトカードR/Wに外字を登録する
12 RcGraphic  リライトカードR/Wにグラフィックデータを設定する
13 RcBarcode  リライトカードR/Wバーコードデータを設定する
横書き印字
グラフィックス印字
13桁21行(全角)
90°回転印字
PVCストライプ印字
24桁11行(全角)
※PVC印字については一例です。
  別途お問合せください。
  ソフトウェアによるカード種別・種類変更
コマンドによりHOST側からカード種別・種類を変更できます。
 ・銀面リライトカード(PET、PVC)
 ・ロイコリライトカード(PET、PVC)
 ・サーマルカード

バーコード印字
JAN標準、NW-7、CODE39の印字が可能です。
印字向き、位置の指定もできます。
リライトカードの技術的制約により頻繁に消去・印字する使用方法はお奨めできません。

ブロック消去・印字
ブロック単位での消去・印字が可能です。
但し、印字位置ずれ分を考慮する必要があります。

グラフィック印字
上図のグラフィック印字エリアを3面登録できます。
キャラクタ面と合成して印字可能です。
ブロック単位での消去・印字もできます。

自己診断機能
エラーコードにより、本端末の基幹部分であるイレーズバー(消去用部品)、カード位置検出用光センサの故障をお知らせします。
   
半野外での使用に耐える耐環境性能

外形寸法102(W)x316(D)x105(H)の省スペース対応

使用温度範囲 0℃〜50℃の耐環境性能
カード挿入入口シャッター機能による防塵対策

その他
収納枚数約135枚(カード厚t=0.27)
残りカード約10枚でニアエンプティ検出
カード無しでエンプティ検出


その他、標準の発行機もご用意しております。
TCE-210型発行機 (機器組み込み型)
主な仕様
カード収容枚数  t=0.22mm : 約400枚
 t=0.28mm、0.30mm : 約300枚
  ※t=カード厚
重 量  約6.0kg
そ の 他  TCT-217Xと同じ
ページのトップへ戻る>

Copyright (C) 2012 Toyo Electronics Corporation All Rights Reserved.
"TOYONICS"は東洋エレクトロニクス株式会社の登録商標です。